今日だけ生きる為のブログ

30代後半、フリーター、彼女いない歴=年齢 つまりはそういうことです すべての葛藤を抱えた30代に捧げる

森田療法 (講談社現代新書) 岩井 寛 2

 

森田療法 (講談社現代新書)

森田療法 (講談社現代新書)

 

 今日も喫茶店で読み進めてきました。

 

この本は、まえがきとあとがきだけでも読む価値があります。買うのを迷ったら、まずまえがき、あとがきを読んでみてください。この本制作時の壮絶な状況が書かれていて、それを知るだけでも大変勇気づけられるのではと思います。

 

この本は筆者の岩井寛さんが末期の転移ガンを患い、両目が見えず、片耳が聞こえず、下半身が動かない中で病床で口述筆記で書かれた本です。よくこれだけ充実した内容の本を体調が悪い中、口述筆記で書けるものだと心底感嘆します。書かれた内容が素晴らしいという以上に、病床でこの本が作られたという事実そのものから勇気をもらえる本です。岩井さんは原稿を完成させた後、本の出版を見ることなく亡くなられています。

 

森田療法」という日本で開発された、カウンセリング技法、というか、神経症の治療法を、具体例をふんだんに交えながら概説した本です。新書ということで、森田療法について不足なく解説しつつも専門的になりすぎず、実際の治療例も多く紹介され読みやすく構成されています。

 

森田療法は(取り入れている)病院で受けられ、外来及び入院による治療があるようです。日常生活で感じる苦しさ、人付き合いでのストレスといった身近な悩みの解消にも効果的な治療なのではと思います。ただ僕は実際に治療を受けたわけではないので本を読んだ感想ではありますが。

 

ですが別に本気で森田療法の治療を受けようというつもりでなくても、この本には森田療法の解説を通して、考え方のヒントや、自分の問題をどう捉えたらよいかの解説が山のように載っていますので、何かの行き詰まりを感じている人、悩んでいる人には手に取ってほしいです。

 

今日も時間がかなりかかってしまったので続きはまた書きます。

森田療法 (講談社現代新書) 岩井 寛

このブログは最近日に日にあらゆる方面から追い詰められつつある(健康、お金、時間、人間関係、etc...)僕が、現実に押しつぶされない為に、葛藤が少しでも軽くなるように、必死になって見たり読んだりして得た知見をメモしていこうと思い始めました。

 

僕は現在30代後半なんですが、これまでの人生であらゆることを先送りにしまくって生きてきたツケが溜まりに溜まって雪だるま式に増殖していて、この頃は追い詰められ感が日に日に強まっている感覚が強いです。そろそろ限界が近い気がしています。

 

ことさら最近健康面での不安が大きくなってきたことも精神的に大きなダメージになっています。

 

僕は自分の精神を持ちこたえさせようと、日々いろんなジャンルの本(自己啓発本の類など)を読んだり、最近ではYouTubeなどのサイトで動画を見たりして、その中の言葉から多少なりとも心の安定を得てきました。

 

その内容をここでシェアしたいと思っているので、それが僕と同じように人生に葛藤を抱えた方の助けになればとも思っています。

 

表題の本は僕が何度も読んでいる本で、どれだけ助けられたかわかりません。最近もまた読み返しています。ただ最近は本を読む気力もあまりなく、少しづつになっていますが。お守りのようにカバンに入れっぱなしにして毎日持ち歩いています。

 

内容を色々ご紹介しようと思ったんですがここまで書くのにかなり時間がかかってしまったので、後日改めて書きます。

何度目の開始

過去10年以上にわたってブログを何個書いて捨ててきたかわかりませんが、、

 

また始めてみます。